免責事項
※当社からお知らせするセキュリティ情報は公開当時当社が知り得た情報を元に配信しております。そのため、情報の網羅性について保証せず、当社から配信された情報を用いて利用者が行った行為について、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。

バックアップのレプリケーション機能について

バックアップ計画の中でバックアップのレプリケーションオプションを有効にすると、各バックアップを作成後すぐに2番目の場所にコピーすることができます。

次のロケーションからバックアップをレプリケートできます。

ローカル フォルダ
ネットワーク フォルダ
セキュアゾーン

次のロケーションにバックアップをレプリケートできます。

ローカル フォルダ
ネットワーク フォルダ
クラウドストレージ

・バックアップのレプリケーションを有効にする手順

1) バックアップ計画の画面で[バックアップのレプリケート] をオンにします。

2) [レプリケート先] でレプリケーション先を指定します。

3) [保持する期間] で、「保持ルールを指定します。

4) [変更を保存] をクリックします。

このページの内容について、ご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様からの声を大切にし、改善に努めてまいります。

こちらのFAQは参考になりましたか?

このページの内容について、ご意見・ご要望をお聞かせください。
※ このフォームからいただいたご意見・ご要望につきましては、お客様に直接ご回答を差し上げることができません。
ご質問につきましてはお問い合わせフォームにて承っております。

FortiGate標準提供クラウド