免責事項
※当社からお知らせするセキュリティ情報は公開当時当社が知り得た情報を元に配信しております。そのため、情報の網羅性について保証せず、当社から配信された情報を用いて利用者が行った行為について、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。

CentOSにエージェントをインストールするときに「必要なパッケージをインストールできませんでした」エラーになる

このエラー画面の表示される理由として、必要なパッケージがインストールされていない、もしくは適切なバージョンではない可能性が考えられます。

お客様環境で、要求されているパッケージがされていて、バージョンが一致しているかをご確認ください。

1.カーネルモジュール (一致すること)

要求バージョンの確認
cat /proc/version

インストール済みバージョンの確認
yum list installed | grep kernel-devel

2. GNUコンパイラ・コレクション(GCC) (一致すること)

要求バージョンの確認
cat /proc/version

インストール済みバージョンの確認
gcc -v

3. Make tool (インストールされていること)

インストール済みバージョンの確認
make -v

4. RPM (インストールされていること)

インストール済みバージョンの確認
rpm –version

このうち、kernel-devel,gcc,makeについては、基本的にOSセットアップ時に自動的に
インストールされるものです。

RPMパッケージがインストールされていない場合には、以下コマンドでインストールを
行ってください。

sudo yum install rpm

(ディストリビューションに依存します)

以上、ご確認いただいても問題のない場合には、エージェントインストール時のログをコピーし、お送りください。

このページの内容について、ご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様からの声を大切にし、改善に努めてまいります。

こちらのFAQは参考になりましたか?

このページの内容について、ご意見・ご要望をお聞かせください。
※ このフォームからいただいたご意見・ご要望につきましては、お客様に直接ご回答を差し上げることができません。
ご質問につきましてはお問い合わせフォームにて承っております。

FortiGate標準提供クラウド