免責事項
※当社からお知らせするセキュリティ情報は公開当時当社が知り得た情報を元に配信しております。そのため、情報の網羅性について保証せず、当社から配信された情報を用いて利用者が行った行為について、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。

管理マネージャーへの接続方法

管理マネージャーは、パッケージ化されたプログラムを管理者のPC上に配置するだけで利用することができます。インストールをする必要はありません。
管理マネージャーへの接続方法は以下の通りです。

1)送付されたデータ内の「モジュール」→「管理マネージャー」を開きます。

FS001-01

2)「管理マネージャー」を起動します。

FS001-02

3)「このコンピューターへの接続について今後確認しない」にチェックを入れ、「接続」をクリックします。

FS001-03

※事前にドメイン追加で本操作を実施した場合は、この図は表示されません。事項へ進んで下さい。

4)管理マネージャーを起動すると、資格情報の入力が求められます。「ファイルサーバ設定情報シート」に記載された「管理者アカウント」の情報を入力し、「OK」をクリックします。

FS001-04

【重要】
ドメイン参加済みでAD連携を実施する際は、「Domain Admins」権限のユーザーを入力して起動してください。
※次回以降、アカウント情報の入力を省略する場合は、「資格情報を記憶する」にチェックを入れて下さい。
※事前にドメイン追加で本操作を実施した場合は、この図は表示されません。事項へ進んで下さい。

5)「このコンピュータへの接続について今後確認しない」にチェックを入れて、「はい」をクリックします。

FS001-05

6)画面が表示されるまでしばらくお待ちください。

FS001-06

7)管理マネージャーが表示されます。終了する際は、画面右上の「×」ボタンで終了してください。

FS001-07

以上で接続は完了です。

このページの内容について、ご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様からの声を大切にし、改善に努めてまいります。

こちらのFAQは参考になりましたか?

このページの内容について、ご意見・ご要望をお聞かせください。
※ このフォームからいただいたご意見・ご要望につきましては、お客様に直接ご回答を差し上げることができません。
ご質問につきましてはお問い合わせフォームにて承っております。

FortiGate標準提供クラウド