免責事項
※当社からお知らせするセキュリティ情報は公開当時当社が知り得た情報を元に配信しております。そのため、情報の網羅性について保証せず、当社から配信された情報を用いて利用者が行った行為について、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。

【FortiOS 6.2】インスペクションモード(Inspection-mode)について

FortiGate は、通過するトラフィックを検査して攻撃やセキュリティ脅威を検知します。

FortiOS 6.2 では、ファイアウォールポリシーごとに、インスペクションモード (検査モード) としてフローベース (Flow-based) もしくは プロキシベース(Proxy-based) を選択することができます。新規ファイアウォールポリシー作成時のデフォルトは、フローベース (Flow-based)です。

フローベース・インスペクションは、通信パケットをバッファせずリアルタイムに検査し、パターンマッチングにより攻撃やセキュリティ脅威を検知します。一方のプロキシベース・インスペクションは、通信パケットを再構築したうえで検査し、パターンマッチングにより攻撃やセキュリティ脅威を検知します。

プロキシベースはより多くの機能オプションを提供し、フローベースはパフォーマンスを最適化するように設計されています。

※ Flow Mode を選択した場合、Email Filter の設定項目は GUI上に表示されません。

このページの内容について、ご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様からの声を大切にし、改善に努めてまいります。

こちらのFAQは参考になりましたか?

このページの内容について、ご意見・ご要望をお聞かせください。
※ このフォームからいただいたご意見・ご要望につきましては、お客様に直接ご回答を差し上げることができません。
ご質問につきましてはお問い合わせフォームにて承っております。

FortiGate標準提供クラウド